もともと腰痛持ちだったので、重い荷物を持ったり腰を屈めたりする時には気を使っていました。しかし育児が始まり、抱っこ抱っこの毎日が続くと腰痛がどんどん悪化していきました。よく泣く赤ちゃんだったため、何をするにも抱っこかおんぶをしながらの作業になりました。抱っこ紐は肩への負担が軽減される代わりに、腰への負担が増します。逆なら良かったのに・・・と思いながらも、抱っこ紐がなければ身動きが取れないので抱っこ紐にはとてもお世話になっていました。
そんなある日、いつものように赤ちゃんをおんぶしながらベランダで洗濯物を干していました。すると急に腰全体にキーンという嫌な痛みが走りました。そして次の瞬間更に強い痛みに襲われ思わずその場にしゃがみこんでしまったのです。腰を鈍器のようなもので思い切り殴られているような感覚で、その場から立つことができませんでした。赤ちゃんは異変を察知して背中で大泣きしています。私は涙を流しながらヨシヨシと後ろに手を回して赤ちゃんをなだめました。
15分ほどその状態でうずくまっていたのですが、このままここに居るわけにもいかず、柵につかまりながらゆっくりゆっくり立ちました。少しでも間違った動きをすると腰に激痛が走りました。心の中はどうしようという不安でいっぱいでした。

何とか無事に部屋に入れた私は、とりあえず赤ちゃんの安全を確保し、常備していた湿布を貼ってみました。痛みはほとんど無くなりませんでしたが、ほんの少しでも軽減してくれたらと藁にもすがる思いでした。そして昔使用していたコルセットを引っ張り出して装着しました。コルセットはすごく優秀で、キンキンとしていた腰の痛みが半減してくれたのです。私は胸を撫で下ろし、とにかく夫が帰宅するまでコルセットで乗り切りました。

夫が帰宅して事情を話すと、直ぐに病院へ行った方がいいということで整形外科を受診しました。そこで医師に軽いギックリ腰だと言われました。ただこれ以上悪化すると入院になりますよと言われてゾッとしました。病院から痛み止めの薬と丈夫なコルセットをもらい帰宅しました。
その夜夫は私に鍼灸院はどうかと勧めてくれました。夫も昔スポーツで腰を痛めたことがあるらしく、その時は鍼灸院ですっかり良くなったという情報を教えてくれたのです。
私は夫の仕事が休みの時に時間をもらい、鍼灸院へ行ってみることにしました。そこでは腰を温めたり針治療をしたりマッサージをしてもらったり色んな処置が行われました。半信半疑で行ってみたものの、すごく気持ちが良かったので、週1で通うことにしました。
腰痛はゆっくりでしたが快方に向かい、最終的にはコルセットをしなくても大丈夫になりました。
それからというもの、腰に少しでも違和感を覚えたら鍼灸院にお世話になることにしています。