さよなら悪評マットレス!腰痛マットレスモットンを広めようinTOKOROZAWA

我が家のマットレス(ダブルベット)は結婚当初に某家具屋で購入しました。実際に二人で寝転んでみて、どのくらいの沈みがあったほうが良いか、二人の個人的に好きな硬さなどを店員さんと相談しながら決め購入したとてもお気に入りのモットンです。

所沢市でもモットンの魅力は話題になっており多くの人が使うというアクションを起こしています。

だめなマットレスにさよならをして素晴らしいモットンを使う事をおすすめします。

マットレスも月に一度向きを変えてあげないと痛みが早いと購入時に店員さんに教えていただいたので、今も月一度とまではいかないかもしれませんが気が付いたらその都度持ち上げて向きを変えてあげています。とにかく大きいので一人で向きを変えるときは相当なパワーを必要とします。購入して7年目になりますが、適度に向きを変えていたからでしょうか、いまだに一部がとてもへこんでいるなどは見られません。
おうちに届いてからは毎日夫婦で寝ていました。

それが、子供ができて主人、子供、私の順で憧れの川の字で寝ることもできました。しかし、月日がたち子供が1歳を過ぎたころからでしょうか、寝相がとても激しくなり3人では狭くて寝られなくなりました。主人には、敷布団の下にちょっと固めの低反発のマットレスを購入してあげてそこで寝てもらうことになりました。

我が家のベットは最初にも書きましたがダブルベットですが、子供をどれだけ壁側に寝かせてもころころと転がりベットとマットレスの高さ40センチメートルくらいあるのですが、そこからいつも落ちていました。それでも、ここで助かったのが主人のために購入したマットレスです。モットンでは主人がいないときはとてもいい着地所になっていました。子供が3歳くらいになると、寝ながらコロコロとベットのマットレスを徘徊していますが、もう落ちることはなくなりました。

ただ寝るためだけにあるマットレスだと思っていましたが、現在4歳になる息子にはとてもいい遊び道具にもなっています。ベモットンでではトランポリン替わりになり毎日ジャンプをしたり、戦隊ヒーローになりきってジャンプしながら何かと戦っています。

主人のために購入したシングルのマットレスはベットに半分を乗せ、もう半分を垂らして滑り台を作ったりマット運動をしたり。ベットから特大ジャンプをしたり、モットンでの下に隠れてかくれんぼをしたり毎日いい遊び道具になっています。きっと、モットンででこんな遊び方をしたらどれだけ大事にしていても傷んでくると思いながらも、子供の楽しそうな笑顔を見ていたら止められない母親です。
そんな私たちの生活に欠かせない2枚のマットレスになっています。

中学生頃に、2段ベッドから卒業して初めて自分用のベッドを買ってもらいました。
自分の部屋もその時初めて与えられたのでとても嬉しかったのを覚えています。
そんな部屋を少しでも有効活用したくて、当時の私の理想にぴったりだった折りたたみベッドを買ってもらいました。
そのベッド生活も10年以上経ったある日、

なんだか腰に痛みを感じるようになって来ました。
肩こりや腰痛など今まで気にしたこともなかったので、
そのうち治るだろうと思っていました。

しかし、そのうちは訪れることはなく日々そのことが気になって仕方がありませんでした。
そんな時、母が私の使っているベッドに原因があるのではないかと指摘してきました。
まさかベッドがそんな悪さをしているなど夢にも思っていませんでしたが、
実際横になってハッとしました。

折りたたみベッドのちょうど折れる部分のスチール製の棒が、
まさしく横たわった私の腰にぴったり当たっているではありませんか!
この棒が原因で私の腰痛は引き起こされていました。
そのことにとてもショックを受け、
早急に何か対策を練ろうと両親に相談すると、
モットンでがいいのではないか、
と提案してくれました。

早速近くの家具屋さんに行って、
薄いものからスプリングの入ったものなど、
いろいろ試して、気に入るものを無事ゲットして帰宅しました。悪評は嘘でしょう。
後日、そのモットンでが届いて寝ていると、

すぐに何事もなかったように腰痛が解消されました。
本当に私は驚きました。
まさかベッドやマットレスによって、
体の不調が出るなんて知りませんでした。

そんな私も年を重ねて、いろいろな人とお話をする機会がありました。
とある職場の年配の女性の方で、
数年間慢性的な肩こりと腰痛に悩んでいた方がいらっしゃっいました。

その方はベッドやモットンでが原因だと思い、
結構いろいろ試して来たそうですが一向に改善される様子が無かったそうです。

しかし、高反発のそこそこいい値段のするマットレスモットンでに変えて数日で、

長年の悩みだった肩こりと腰痛が嘘のように軽くなったそうです。
イメージ的に、低反発の枕やマットレスがブームで、
低反発ものならなんでも体にもいいものだと勝手に思っていた最中、
高反発なるワードの得体のしれないマットレスで
体の不調が取り除かれるなど、

またまた驚かされました。
よくよく聞くと、低反発のマットレスは体が沈み過ぎて
腰などにかえって負担がかかっているそうです。

ただ、低反発や高反発、素材や硬さなど人それぞれ好みはありますし、
効果があるないも人それぞれかと思います。

ですが、そろそろ買い替えを考えている私にはまた新しいマットレス体験を期待して、
噂の高反発マットレスに買い替えてみようと思っています。

私のように体のどこかしらに不調を感じたら、
まずはベッドやモットンでに目を向けてみるのもいいかもしれません。
もしかしたらすぐに解決されるかもしれません。

モットンは悪評が高いという人もいますが私はおすすめです。

情報元:モットン悪評公式サイト